たまろ・ぐ

ちまちまと更新中・・・
<< 増税 | main | 山形へ行ってきた >>
溜めてこその自家発電
0

    タイトル意味不明でごめんなさい

     震災後の長期間に渡る停電がきっかけとなったのか、我が家の近所でもソーラーパネルをつける家が増えてます。
    日中必要な電力のほとんどを太陽光で賄うことができるのは魅力ですね。
    余剰電力を売ることで電気代を節約できるところもとても魅力です。

    しかし、太陽光発電システムが電力を生み出すのは日中だけです。
    だから停電対策としては十分とは言えないのが本当のところ。
    せいぜい携帯機器の充電とかですかね。
    電気エネルギーを熱エネルギーに変換して保存するという方法はあります(平たく言えばお湯を沸かす)
    逆変換が難しいので、夜間の電力としては使えません。
    バッテリーに充電しておくという手もありますが、大がかりな充電設備が必要です。
    その辺りの事情も、私がソーラーパネル導入にいまいち積極的になれない理由だったり。
    国は自家発電システムの普及に熱心ですが、日中しか発電できない太陽光発電が増えたら、ある時点で買取の仕組みが破綻するんでしょうね(「そこまで普及するわけない」って計算してるんでしょうけど)
    まだまだ低い発電効率のパネルを高い価格で導入して、元を取る前に買取料率の引き下げや制度廃止になってしまったら困るしネ。

    今回の地震や原発事故で思ったのは「蓄電システム」の必要性です。
    電気エネルギーを効率よく保存することさえできれば、太陽光発電をより活かすことができるようになりますし、計画停電も考えなくてよくなります。
    バッテリーやキャパシタを利用したシステムは実用化されているものの、設置に必要なスペースやメンテナンス(バッテリーは寿命がある)の問題があり、手軽とは言えませんし、あくまで個々の建物単位でのシステムですね。
    私が思っているのは、電力会社レベルの蓄電システム。
    たしか、巨大なフライホイールを使ったエネルギー貯蔵システムなんてのが研究されていたんじゃなかったかしら。(巨大独楽だから放射能も出ないし、リチウムなどの危険な物質も使わない!)
    そういうものを本気で考えるのも、将来のために必要なのではないかと思ったり思わなかったりするんですヨ。

    | たまろ | - | 13:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://tamalog.tamaro-lab.com/trackback/1061672
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE